ブームから見える闇の影


おはようございます。

今日の津軽平野は穏やかな朝をむかえています。

久しぶりに弘前の事務所勤務の為来ましたが

近くの山まで白く化粧をしています。

さて、先日新聞を見るとこの様な記事が載っていました。



アルコール依存症1


朝ドラでウイスキーブーム

青森市民もともと全国一好きだったと言うきじです。

私もお昼休みの楽しみの一つがこの朝ドラのマッサンです。

ニッカの創業者の竹鶴さんとサントリー創業者鳥井さん達がどの様に

山崎に工場が出来るのかやあの太陽ワインが後の赤玉パンチへなど

ドラマに出るのかが楽しみなのですが、朝ドラの話しはこれくらいに

私が心配しているのが現場へ(孤独死・孤立死・自殺死)行くと必ず

無数のお酒の空瓶や缶・ペットボトルや紙パックなどが

ローカや台所の床に無造作に捨てられているのをよく見かけます。

以前、某新聞記者さんと酒を飲みながらこの様な話題で盛り上がったのを思いだしました。

実際にアルコール依存で命を落としている人を私の友人(葬儀社に努めている人)が

自室にて亡くなり数日たってから発見されるケースで警察へご遺体をお迎えに行くケースが

ちょくちょく有ると聞きます。

少し突っ込んで話を聞くと男性と女性の割合は?彼も一瞬黙り込・・・・

以前は男性が多いかったようだが今は五分五分かも?みたいな反応でした。

このアルコール依存症は本人はもとより周りの人が少し注意して

観察してあげる方が良いのではないでしょうか?

私でもそうですが自分がもしアルコール依存症と分かったらショックだし

なるべく知らない様に避けてしまいますますアルコールにのめり込んでしまいそうだからです。

ちなみに私は、最近晩酌を控え健康管理に努めておりますので依存症では今の所なさそうです。


では、アルコール依存症の定義は


アルコール依存症(アルコールいぞんしょう、Alcoholism)とは、

薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)

によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、

自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である。

患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、

様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある。

ちなみに、WHOはアルコールにより毎年250万人の死をまねいているとしている。

調べてみるとこの様になっています。

さてここからですよ。

じゃあどの様な症状が現れたら要注意なのでしょうか?

次の問いに答えてご自分のや知人のアルコール依存度を知りましょう。


アルコール依存症の特徴・症状チェック
以下の項目で、当てはまるものにチェックを入れてみてください。

□ お酒を飲んだあと後悔する。
□ お酒が原因で、家族や友人との人間関係にひびが入ったことがある。
□ お酒をやめようと思うのになかなかやめられない。
□ お酒をやめようとすると、頭が痛くなったり、手足が震えてくることがある。
□ 家族に隠れて酒を飲んでいる。
□ 飲んだ量について嘘をつくことがある。
□ お酒を飲んで仕事をなまける。
□ 夜、お酒を飲まないと寝つけない。
□ 「今日は少しで止めておこう」と思いながら、つい酔いつぶれるまで飲んでしまう。
□ 周囲の人から大酒飲みと非難されたことがある。

5個以上当てはまる方は、軽度のアルコール依存症の可能性があります。
また、8個以上当てはまる方は、アルコール依存症の可能性が高いと言えます。
(1個でも当てはまった場合は、それ以上悪化しないよう注意してください。 )

いかがでしたか?

酒飲みによく話題に出てくる症状は飲まないと中々寝付けないとよく聞きますが

これも依存症の始まりの第一歩なのですね。

皆さん大丈夫ですか?

もし、ご自身や身の回りの人でこの様な症状がみられたり心配事が有る様だったら

病院へ行くのが怖いや行きづらいと言った方には最寄りの保健センターか

保健所へ相談するのも一つの方法です。

当然役所の施設ですので相談しても相談料もかからないし専門の知識をもった

職員もいますので適切な指導方法をアドバイスしてくれたり支援方法もおしてて

貰えますので是非参考にして下さい。

また一般的な治療とはと気になる方もいると思いますので簡単に調べてみなした。


アルコール依存症の治療法

かつては、本人の意志が弱く、性格に問題があるため、アルコール依存症

になってしまうのだと考えられていました。しかし、アルコール依存症とは、

自分の意思でお酒をやめるのが難しい「病気」なのです。

そのため、本人の努力や意志の力ではどうにもならない場合が多いのです。

何度も禁酒しようとしているのにやめられない…という方は、一度、

お近くの専門医へ相談することが望ましいでしょう。

アルコール依存症の家族や友人への対応

アルコール依存症というのは、自分では気づきにくい症状です。

「俺は病気なんかじゃない。ちょっと飲みすぎただけだ」と言う方が多いですが、

本人が思っている以上に重症である場合が多いのです。

また、周囲も「病気」であるという認識が薄いため、

「あの人はこの前お酒をやめるって言ったのに、また飲み出しちゃったわ。 

なんて意志の弱い人なんだろう…」などと、本人の意思や性格の問題にしてしまいがちです。

しかし、一度アルコール依存症になってしまうと、本人の意思でお酒をやめることが大変難しいのです。

また、症状が進行して重症になる程、回復が難しくなるのも他の病気と変わりません。

なるべく早い段階で、専門医に相談することが、アルコール依存症克服への近道となるでしょうと

専門家達も話しています。

酒はほろ酔い気分を味わう程度が良いのでしょうね。



青森県 ブログランキングへ


秋田県 ブログランキングへ


汚部屋・ごみ屋敷 ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村


maibesuto.gif

マイベストプロ 青森に掲載されています。

コラムも投稿しているのでご覧下さい。


            モコ_ロゴマーク



           上の絵をクリックすると遺品整理と特殊清掃の

           トータルプロデュース モコの











| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/1080-17d0bfd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ