孤立死や孤独死は誰にでも起きる


おはようございます。

代表の花輪です。

何時も、遊びに来てくれて有難う御座います。

ブログランキングにエントリーしています。

ご覧になり最後にポチットご協力をお願いします。

これからの、励みにもなります。

スタッフ一同皆様に楽しんで頂ける様頑張りますので

応援宜しくお願いします。


今日も元気に遺品整理のモコのどたばたスタッフの

ブログの更新です。



先日RAB青森放送の取材にて孤立・孤独死の話題になり

孤立死や孤独死は、誰にでも起きるんですよと

お話をさせて頂いたら凄く衝撃的だったらしく

今回は、私が思う孤立死・孤独死になぜなってしまうのかを簡単にお話

したいと思います。



孤立死・孤独死は、世間一般的に年配の身寄りの少ない方がなってしまうと

思われて居るみたいです。

けして年配の身寄りの少ない方だけに起きる事では無いと

私は思います。

例えば、現在の日本では後期高齢者医療制度も確立され

デイサービスや訪問介護や訪問医療も手厚くまた行政と一般企業連携で

見守りサービスをしたりしています。

ご年配の方が一日姿が見えないや、新聞やチラシが

溜まっているなどでご近所さんや自治会さん方が

気配りしてくれている地域も最近は

増えてきているみたいです。

発生件数は、全国で見ればまだ多いですが・・・・・

今問題視されつつ有るのが40~60代の孤立死や孤独死です。

ここ数年、私どもに依頼急増しているのが40~60代の孤立死・孤独死が

圧倒的に多いと経験上私はそう思います。

働きざかりの40~60代がなぜ孤立死・孤独死になってしまい確立が高いのか

離婚をして一人暮らしの人や未婚の方の急増がまず原因の一つだと

思います。

離婚や未婚が原因で地域や社会や家族から孤立

リストラにあい家族も破局し地域・社会・親族から孤立

不況で職が無く生活保護や失業保険を受け地域・社会・親族から孤立

現代は、私生活や食生活の乱れからの生活習慣病を患い

この様に悪循環がかさなり・・・・・・・

自室で生活習慣病の発作を起こし倒れ誰にも看取られる事もなく・・・・・・・

孤立死・孤独死となる発生率が高い様に私は思います。

ご年配の方は、ちょっと姿が見えないだけで周りが気に掛けますが

40~60代の方は、無職の方だと2~3日いや1~2週間姿が

見えなくても地域の方は誰も心配しないケースが殆どです。

孤立死・孤独死の現場依頼を受け依頼者様からお話を聞くと

この様なケースが圧倒的に多いです。

この様なケースにならない様にするには

地域との関わりや親族との関わり社会との関わりが

大切だと思います。

勇気をだしてご近所さんと挨拶をしたり

自治会の集まりに参加をし自分を多くの方に

知って貰う努力が必要だと思います。

世の中から孤立や孤独になりそうな方がもし居たら

地域の方や自治会の皆様で愛の手をさしのべて下さい。

けして人事では有りません

次は自分の番かもしれません。


ここまでご覧頂いて有難うございます。

ブログランキングに参加してます。

ポチッとご協力お願いします 



 今日もどたばたスタッフ達が、遺品整理や買取回収で

   皆様の地域をお邪魔しています。

   見かけましたら、お気軽にお声を掛けて下さいネ

     

       下のロゴをクリックすると、
    mocoのホームページを見る事が出来ます。

mocorogo1-3.jpg
      遺品整理や生前整理でご不明な点は
            ご相談下さい。

            0120-978-491
  
  ぽちっとお願いします
   
   にほんブログ村


   
生活・文化 ブログランキングへ


   
学問・科学 ブログランキングへ


   
地域情報 ブログランキングへ













| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/242-ce596caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ