悲しい現実を目の当たりにして


9月5日 おはようございます。


代表の花輪です。

今日も元気にどたばたスタッフのブログの更新です。

何時も、遊びに来てくれて有難う御座います。

ブログランキングにエントリーしています。

ご覧になり最後にポチッとご協力をお願いします。

これからの、励みにもなります。

スタッフ一同皆様に楽しんで頂ける様頑張りますので

応援宜しくお願いします。










ここ数日、県内や県外にて特殊清掃現場の見積もり依頼件数が

増え様々な人間模様が見えます。

特殊清掃=孤立死・孤独死・自殺死と想像される方も居ると思いますが

ここ数ヶ月、孤独死や孤立死と同様急増しているのが

セルフネグレクトによる室内のゴミ屋敷化による

特殊清掃現場です。

よくテレビなどで報道されるゴミ屋敷と言うと家の外まで

ゴミの山で側を通るだけで不快になり時には

悪臭や害虫でご近所様に迷惑をかけている所が

報道されていますが、このセルフネグレクトでの

ゴミ屋敷は、私が経験した中では報道されているゴミ屋敷とは

ちょっと違います。

まず、報道されているゴミ屋敷は、一人暮らしで収集してきた廃棄物が

私の宝物と言う意識の中で集めている様に思えますが

セルフネグレクトに陥ってゴミ屋敷化になるケースでの圧倒的に言えるのが

片親と子供の同居世帯で生活保護受給者の方がセルフネグレクトに陥って

しまいがちの様な気が私は思います。

このゴミ屋敷の場合では、家の外はゴミ屋敷化はしておらず

あくまで家の中だけがゴミ屋敷なので周囲からなかなか早期発見が

難しいです。

報道されているゴミ屋敷と大きく違うのがゴミの9割が生ゴミです。

この生ゴミの中で親子が生活をしています。

え!何処で寝るの?と思う方もいるので参考までに

ゴミ袋の上に毛布やタオルケットをひきそこで

寝ているのです。居住スペースが生ゴミ袋の上なのです。

何処の自治体でも週に2度はゴミの日は有るのですが

捨てに行けない何らかの理由がそこに有るのです。

残念なことに今まで数十件ゴミ屋敷の特殊清掃を請け負っていますが

ゴミ屋敷にしたご本人と直接話しは出来ていませんので

心の中の声を聞くことは出来ていません。

?じゃあ誰が依頼するの?って疑問がでますよね。

そこを管理する不動産業者さんだったり、だいたいが保証人様や大家さんです。

保証人??賃貸住宅を契約する時は保証人をつけると思いますが

その保証人様が一番の被害者です。

多くの保証人様と今までお話をさせて戴きましたが

原状回復をするのに莫大な費用が掛かって自己破産した保証人様も

いました。

この原状をなんとか解決出来ないものかと思います。





jiba1.jpg





maibesuto.gif


マイベストプロ 青森に掲載されています。

コラムも投稿しているのでご覧下さい。




ここまでご覧頂いて有難うございます。

ブログランキングに参加してます。

ポチッとご協力お願いします 


 今日もどたばたスタッフ達が、遺品整理や買取回収で

   皆様の地域をお邪魔しています。

   見かけましたら、お気軽にお声を掛けて下さいネ

     

       下のロゴをクリックすると、
    mocoのホームページを見る事が出来ます。

mocorogo1-3.jpg
      遺品整理や生前整理でご不明な点は
            ご相談下さい。

            0120-978-491
  
  ぽちっとお願いします
   
   にほんブログ村


   
地域情報 ブログランキングへ





| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/344-bba7f464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ