増えるヒートショック


     モコ_ロゴマーク



上の絵をクリックすると遺品整理と特殊清掃のトータルプロデュース モコの

ホームページをご覧になれます。





12月20日

おはようございます。

今日の津軽平野は、昨日の天気と一変どんより曇り

空からポツポツと細かい雨が降りなんか真冬の空って感じです。

さて、今日たまたま産経ニュースが目に止まりました。

その内容が、要注意高齢者のヒートショックと言う見出しです。

何処の事故かと読んで行くと神戸市消防局が注意を呼びかけている記事でした。

急激な温度変化で脳卒中や心筋梗(こう)塞(そく)を起こしたりする「ヒートショック」

寒い時期に高齢者が暖かい居間から冷えた風呂場へ移動したり、

急に熱い湯につかって症状が出るケースが多く、

今年は11月末までに657人の救急出動要請があったと言う。

市消防局によると、昨年は722人からヒートショックとみられる救急出動要請があり、

約80%が65歳以上だった。また、救急隊員が到着した時点で約22%の160人が死亡しており、

独居の高齢者が浴室で水死しているケースが多いかったと言います。

命は取り留めたが130人が3週間以上の入院が必要な重い症状だったそうです。

今年11月末現在でヒートショックで搬送された人は昨年同期比で49人多く、

年末に向けてさらに増える恐れがある。同局は対策として、

浴室内の温度を上げて浴槽との温度差を小さくする▽入浴前に足下から心臓に向かってかけ湯を行い、

長湯をしない▽高齢者や高血圧症の人は「二番湯入浴」を心がけるなど

ヒートショック暖かい部屋と、寒い脱衣所、冷えた浴室と熱い浴槽など急な温度変化を繰り返す入浴時に、

血圧の上昇と下降を繰り返すことによって意識を失うなどの症状を起こす現象。

重篤な場合、心肺停止などになることもあり、

血液の循環調整機能が低い高齢者に起こりやすいという。

私達の住む青森県より暖かいイメージのある神戸市でさえヒートショックで

お亡くなりなられる方がこんなにも多いなんて私は衝撃的でした。

私達は、もっともっとこの血圧変動に気を使わないと

ヒートショックの餌食にされない様心がけないとと思いました。


maibesuto.gif


マイベストプロ 青森に掲載されています。

コラムも投稿しているのでご覧下さい。




ここまでご覧頂いて有難うございます。

ブログランキングに参加してます。

ポチッとご協力お願いします 


 今日もどたばたスタッフ達が、遺品整理や生前整理で

   皆様の地域をお邪魔しています。

   見かけましたら、お気軽にお声を掛けて下さいネ

     

       下のロゴをクリックすると、
    mocoのホームページを見る事が出来ます。

mocorogo1-3.jpg
      遺品整理や生前整理でご不明な点は
            ご相談下さい。

            0120-978-491
  
  ぽちっとお願いします
   

   にほんブログ村



   
地域情報 ブログランキングへ



| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/501-b6a97603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ