女だからこそ


      モコ_ロゴマーク



           上の絵をクリックすると遺品整理と特殊清掃のトータルプロデュース モコの

           ホームページをご覧になれます。







新しいカテゴリーを追加させて頂きます。

この度、遺品整理士に続き、特殊清掃清掃士の資格も取得させて頂きました。


社長に付いて、特殊清掃清掃の現場に行っておりました。

その中でずっと感じてきた事があります。


特殊清掃とは、社会問題になっている

「孤独死」「孤立死」「自殺現場」だけではなく

「ごみ屋敷」も特殊清掃と私は思っています。

悲しい事に願わずして対象になるのは

圧倒的に男性が多いような気がします。

ただ、その中でも

「ごみ屋敷」だけは

反転しています。

本来・・・?

本来という言葉を使うと語弊があるかもしれませんが

ここではあえて「本来」と使わせて頂きます。

本来女性は部屋を綺麗にするのが仕事・・・というか

昔から役割とされてきていたはずなのですが

昨今、テレビでも取りざたされているのが

「片づけられない症候群」????????????

モザイクの主人公はあきらかに女性です。

私が携わった現場も「女性」が主人公です。

ブログでは文言に出来ない事・物も沢山あります。

なぜ、その女性が備わっているべき

「かたずける」「綺麗にする」という事が出来なくなってしまったのか?

出産を機にとか、県外就職をしてストレスからとか

失恋してからとか・・・まあ、様々な理由が出ています。

でも、どの理由ひとつとっても

間違いなく太古の昔からあったのではないでしょうか?


出産だって、何百年前の女性だって出産してます。

県外就職?「おしん」や「あかんたれ」でも聞く言葉ですが「口減らし」という名の

親元から離れての仕事

失恋?昔からこの世には男と女しかいないわけで

当然、好きでも添えない方々もいたはず

何が違うんでしょうか・・・



むしろ、現代の女性は

自由で、キャリアや学力ひいては権力も持ち、

昔の女性からは想像もできないと感じます。

それなのになぜ?

「セルフネグレクト」それだけで片づけていい問題なのでしょうか?

私は、学者でも、研究者でもありませんが

違う気がしてなりません。

同じ女性だからこそ

「女性のゴミ屋敷化」を減らしたいと思います。




このブログを見て、賛否両論だと思います。

反感も買う言葉もあると思います。

でも、誰かがなんとかしなくてはいけないんです。


もしこのブログを見てる方で

「私かも知れない」

「どうしたらいいのか分からない」

そう感じたら相談してください。




「現実から逃げないで」




相談から始まるんです。

同じ女だからこそ、安心して相談してください。

気持ちをリセットして

本来の綺麗なお部屋にしませんか?


maibesuto.gif


マイベストプロ 青森に掲載されています。

コラムも投稿しているのでご覧下さい。




ここまでご覧頂いて有難うございます。

ブログランキングに参加してます。

ポチッとご協力お願いします 


 今日もどたばたスタッフ達が、遺品整理や生前整理で

   皆様の地域をお邪魔しています。

   見かけましたら、お気軽にお声を掛けて下さいネ

     

       下のロゴをクリックすると、
    mocoのホームページを見る事が出来ます。

mocorogo1-3.jpg
      遺品整理や生前整理でご不明な点は
            ご相談下さい。

            0120-978-491
  
  ぽちっとお願いします
   

   にほんブログ村



   
地域情報 ブログランキングへ





| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/541-05e692a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ