あなたが「大丈夫」なうちに・・・


   モコ_ロゴマーク



           上の絵をクリックすると遺品整理と特殊清掃のトータルプロデュース モコの

           ホームページをご覧になれます。







今日、帰り道いつものように

助手席で「GUNOSY」を見ながら帰って来たのですが

中でも面白い記事が載っていました。

最近「樹木葬」という供養法があるそうです。

1999年に岩手県一関市の臨済宗大慈山祥雲寺で

墓地として栗駒山山麓につくられたのが日本では初めてだそうです。

現在は、とりおこなっている墓地も増え、

「自然に還る」という考え方で、

好きな樹木の下で眠りたいと考える人も増えているそうです。


昔と違って、墓石も様変わりして

まるい石だったり、ピアノの形だったり

墓石には「○○家先祖代々」と書かれていたのが

「まごころ」や「夢」「絆」「愛」など・・・

樹木葬も墓石の様変わりも

根底には

「故人様に礼を尽くす・敬意を払う」というのがあるとは思います。

人の死の仕事はオープンではなかったように思えますが

今は、とてもオープンですね

むしろ、オープン過ぎて

厳かに行われるべき事までが

軽んじられている気もします。

当社がお世話になっている社長様の考えは

ご尊家様第一で、とても細やかな気配りをされています。

サービス介助士の資格があったり、

言葉がけが行き届いていたり

社長様は当たり前の事とおっしゃると思いますが

なかなか出来る事ではないと感じます。

この、厳かなる最初で最期の素晴らしいステージを

最近は強引な手法でおこなっている業者もいますね。

私が見た中では

セレモニーホールオープニングの日

いかにも、会員勧誘員と分かる方々が獲物をねらってうろうろ

しかも、故人様とご遺族様のこの厳かな大切な日を

どう過ごすべきかを分かっていないような

若い方々がケラケラしながら・・・

何か違いませんか?

故人を敬う気持ちで墓石の様変わりがあったり

樹木葬などがあるなかで

悲しいですね


もっと、ご自分の最期に興味を抱き

ご自分の最期をきちっと執り行ってくれる葬儀社を

お選びになった方がいいのではないでしょうか?

「まだまだ大丈夫」

そうなんです。

「まだまだ大丈夫」だからこそ

しっかりした葬儀社を選べるんですよ

「大丈夫じゃなくなった」時は選べませんから

樹木葬だって、海に散骨だって

家族葬だって、社葬だって

どんな宗派だってそれはいいんです。

誠心誠意尽くしてくれる、強引ではない葬儀社をどうか選んでください。

残される愛するご遺族様の為にも

「大丈夫」なうちに・・・









maibesuto.gif


マイベストプロ 青森に掲載されています。

コラムも投稿しているのでご覧下さい。




ここまでご覧頂いて有難うございます。

ブログランキングに参加してます。

ポチッとご協力お願いします 


 今日もどたばたスタッフ達が、遺品整理や生前整理で

   皆様の地域をお邪魔しています。

   見かけましたら、お気軽にお声を掛けて下さいネ

     

       下のロゴをクリックすると、
    mocoのホームページを見る事が出来ます。

mocorogo1-3.jpg
      遺品整理や生前整理でご不明な点は
            ご相談下さい。

            0120-978-491
  
  ぽちっとお願いします
   

   にほんブログ村



   
地域情報 ブログランキングへ



| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/550-d310bb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ