今、ネット上で話題になっている介護の現実


            モコ_ロゴマーク



           上の絵をクリックすると遺品整理と特殊清掃のトータルプロデュース モコの

           ホームページをご覧になれます。






かなりかなり久々のブログです。

昨晩GSで働いている次女が遅番から戻ってきてからの会話です。

「おかん・・・(私は家では「おかん」と呼ばれています。)

 私さ・・・心痛くなったマンガがあるのさ・・・見てほしいんだ」

と、Iphoneを渡されました。

52歳の息子が母を介護して、ぎりぎりまで頑張ったが

限界を迎えて、心中してしまうという事実をもとにしたマンガでした。

幸せだった頃を思い出すシーンもあったりで

心穏やかではいられないマンガです。

読み始めは

「まあ、現実こんな人もいるだろう」と感じていましたが

最後は

「こういう形でも、何か一石を投じられたけれど、

きっと、今でも見つけられずにいる人たちもいるだろうな」と思っていました。

その衝撃的なマンガは下記から見る事が出来ます。

BUZZNEWSへ

昨年母を見送った事を思い出しながら複雑な気持ちにもなりました。

私はこの主人公である息子さんのように

介護しただろうか・・・とか・・・

介護したつもりになっていないだろうか・・・とか


なんでも、そうだけれど、

聞かれれば「やりました。いいました。」とは言うものの

実際はやったつもり、言ったつもりになっている事が殆どなのではないだろうか

自分に対して真摯になり、顧みる事や反省する事

今の自分は間違っていないか、横暴になっていないか

いい加減になっていないか・・・など

客観的に判断できるもう一人の冷静な自分を常に持ちたいと思います。

なんか、脱線しましたが

実際に今この時にも、お独りで悲しい最期を迎える結果になってしまった方

まさに、なりそうな方・・・沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

「助けて」と言えない

そんなのって、悲しいですよね

「助けて」と言っても助けてもらえない

もっと悲しいですよね

本当に助けなければならない方々が、助けられずにいる現実を

みんなが、もっと危機感を持たなければならない事態なのではないでしょうか?



もしかしたら、なにかのタイミングの違いで

自分がこの立場になる可能性もゼロではないという事

誰もそうなりたくないと必死に頑張っているだろうし

そうなってしまった方々もなりたくてなった訳ではないはず


「人ごと」ではないんです。

「自分ごと」としてとらえなければならないんです。

そう・・・あなたもです。


mocoFacebook


maibesuto.gif



マイベストプロ 青森に掲載されています。

コラムも投稿しているのでご覧下さい。




ここまでご覧頂いて有難うございます。

ブログランキングに参加してます。

ポチッとご協力お願いします 


 今日もどたばたスタッフ達が、遺品整理や生前整理で

   皆様の地域をお邪魔しています。

   見かけましたら、お気軽にお声を掛けて下さいネ

     

       下のロゴをクリックすると、
    mocoのホームページを見る事が出来ます。

mocorogo1-3.jpg
      遺品整理や生前整理でご不明な点は
            ご相談下さい。

            0120-978-491
  
  ぽちっとお願いします
   

   にほんブログ村



   
地域情報 ブログランキングへ




| 遺品整理と特殊清掃 モコ・どたばたスタッフの今日の出来事ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tpmoco.blog.fc2.com/tb.php/715-db3a62a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ